同じ銀行系列ですからどちらも安心のブランド

新生銀行のレイクも三井住友銀行のカードローンも、共に銀行系のキャッシングです。
新生銀行のレイクは消費者金融のレイクを傘下にし、新生銀行がマザーの傘下の会社です。三井住友銀行は様々な商品を顧客に提供していますし、その一つがカードローンです。

以前は銀行系のローンは保証人や担保が必要で、お金を借りることは中々ハードルが高いという印象でした。借りるに当たっては住宅ローンやマイカー購入などの使い道が限定された物のみと言うインプレッションが有りました。

三井住友銀行も新生銀行のレイクも共に、個人向けの融資を提供し、手頃な金利で個人のキャッシングのサービスをしています。
新生銀行レイクの限度額は500万円まで、三井住友銀行のカードローンは800万円までの限度額となっています。
新生銀行の金利は4.5%から18%、三井住友銀行のカードローンは4%から14.5%です。

個人がキャッシングをしようと思うとき、やはり一番シリアスにみなければいけないのは自分自身の経済状態です。お金を借りるのですから、自分の給与所得は第三者を納得させられるだけの裏づけがあるかどうか。
自分自身は融資を受けるだけの信用、つまりどこに住んでいて国籍はどこか、政府が発行した身分証明書が提示できるか否かなど、一番大事なのは就業についているか否かです。

自分自身の経済的条件を見てから、自分に必要な金額を再検討しましょう。
今必要だと考えている金額の妥当性と、自分の返却の可能性を必ずシリアスに考えましょう。

その上でたとえば100万円借りたいと思ったら、どこがあなたにとって魅力的かと比較検討してみましょう。
たとえば三井住友銀行で借りる金額が100万円以下の場合の金利は12.0%~14.5%、新生銀行レイクで100万円借りるなら200万円までの限度額のくくりと成り99万円まで15.0%~18.0% となります。

あなたが銀行系のローンを希望しているなら、審査の早さも即日融資の可能性もどちらも同じ様な条件です。そして、同じ銀行系列ですからどちらも安心のブランドを保持しています。

お金が必要だと感じたら、落ちついて慎重に必要となる金額と金利を詳しく見てください。
あなたが必要としている金額と金利、細かく金利の幅を見て、あなたに良いサービスを提供する会社を探しましょう。

シビアに冷静に戦略的に銀行を使い、あなたのファイナンスを管理しましょう。