新生銀行のレイクと三菱UFJ信託銀行のアコム

アコムは三菱UFJ信託銀行の傘下で個人融資を行っています。
新生銀行のレイクも同様の個人融資を行っていますが、新生銀行の個人融資は総量規制の対象外です。
アコムで無担保で保証人無しの個人融資を受けた場合は、総量規制の対象と成ります。

なぜだ、どちらも銀行のキャッシングではないかとお考えになると思います。
新生銀行の個人融資部門がレイクで、顧客は新生銀行から個人融資を受ける形に成ります。
この場合、総量規制の対象外となります。

三菱UFJ信託銀行の傘下のアコムは消費者金融で、貸金業者登録をしています。また日本貸金業組合と日本消費者金融協会に加入しています。

三菱UFJ信託銀行の傘下であるアコムはローンの種類によって総量規制の対象となるもの、ならないものが有ります。
個人の資金調達をアコムでする場合は、総量規制の対象に成ります。アコムで「おまとめ」(貸金業法に基づく借換え専用ローン」で返済する場合やビジネスローンなどの種類のローンは総量規制の対象外と成ります。

新生銀行のレイクも三菱UFJ信託銀行の傘下のアコムも、申し込みはインターネットやスマートフォンを使って24時間のアクセスが可能です。

レイクは1万円から500万円までの限度額で4%から18%の金利です。アコムは1万円かTら500万円までの融資限度額、金利は4.7%から18%となっています。

アコムは消費者金融だけではなく、クレジットカード(ショッピングとキャッシング機能を選択)などの商品のラインナップも充実しています。
このアコムのクレジットカードは一括返金ができません。

新生銀行レイクの特異な点は、レイクの会員に成る前の時点での電話サポートが24時間体制で整っている点です。
キャッシングを受けるに当たって、大きな宣伝で即日審査、即日融資とアピールしますが、本来のサービスは顧客に対する情報公開です。
新生銀行レイクは、お金を借りるという一個人の胸の内を大変良く理解しています。
一個人がお金を借りようと思うとき、眠られぬほど悩む事でしょう。

誰にも話せず、どうしようと焦るばかりの時に、24時間体制で金融側へのアクセスを常時スタンバイする、これは人情を理解しているとしか言えません。

一人一人の胸の内を聞き、金利とは何か、返済の可能性と期間などをマンツーマンで話してくれる、これはマネーのプロのみが出せるサービスです。