レイクとプロミスの無利息サービスのすすめ

キャッシングをするなら、どの会社が自分にとって利益が有るかを考えるのは大切な事です。
キャッシングが必要に成る、キャッシングをした場合どの様なメリットが有り、どの様な負担が掛かるのかをシュミレーションしてみるのは便利です。

先ずは、自分自身の経済的コンデションをテーブルの上に乗せてみましょう。自分の経済的コンデションが、どのキャッシング会社の必要条件を満たすのかをシビアに見る必要が有ります。
ここで始めてのお客様に無利息サービスを提供しているのが、新生銀行レイクと三井住友銀行グループのプロミスです。
プロミスの金利(実質年率)は4.5%~17.8%で、500万円までの融資限度額です。 借り入れ希望が50万円までは給与証明は必要有りません。
希望のキャッシング額が、既に受けている他社からの合計が100万円を超える方には、収入証明を提出しなければ成りません。

プロミスの審査は本人確認証明書があれば、就労コンデションがバイトでもパートでも可能です。審査の対象は69歳以下の成人で安定した収入の有る人(パート・アルバイトで定収入のある方)

プロミスのフリーキャッシングは運転免許証などの本人確認書類が揃っていれば、その場でご審査し、その場でキャッシングが可能です。
やはり顧客の希望をかなえる消費者金融のフットワークの軽さは目を見張る物があります。

新生銀行のレイクは金利(実質年率)4.5%~18.0%、融資限度額はプロミスと同様の500万円まで。対象年齢もほとんどプロミスと同じ69歳以下の定収入(パート・アルバイトで収入のある方も可)のある成人がレイク審査の対象です。
融資契約の限度額が100万円以上の場合は、収入証明を提出しなければ成りません。

レイクもプロミスも返済について、大変魅力的なサービスの提供をしています。レイクは一括返済が何時でも可能ですし、プロミスは毎月の返済額以上にお金にゆとりだできただけ月に何回でも返済する事が可能です。

お金を借りている、毎月の返済が気に成ると言う方は多いと思います。返済のマネージメントが美味くできるのだろうか、返済期日を忘れるのではないだろうかと不安に成る事もあるでしょう。
そんな時、すっきりとお金を支払いに充てる事ができるのは、心理的に大きな安心感をもたらします。
毎月ゆっくりと無理なく返済しているが、それでも一気に返済したければ選択の余地があるのは嬉しいサービスです。