スタイリッシュなプロミスとハートフルなレイク

 三井住友銀行グループのモビットは融資限度額が500万円まで、実質年率は4.8%から18%と設定されています。

 モビットの会員になりキャッシングローンを受けるのですが、とてもフレキシブルでかモビットカードを必要とするか、カード無しでオンラインバンキングで融資を受けるかのどちらかを選択することが可能です。
モビットカードを保持していた場合、モビットと提携しているコンビニ等のATMから借入や返済が何時でも全国で使う事ができます。

 申し込みの時点で、あなたはモビットカードは必要ないと判断された場合、ウエブ上で申し込みと契約と融資を行えますから、郵便物は発生しません。
カード申し込みのようにもビットカードを郵送されるのを待つ必要も無く、申し込んで直ぐにもビット会員に成り融資を受けることができます。
このオンライン審査ですと本人確認の為の電話連絡が必要とされませんから、周りの人に気を遣う必要も無くナイショにできます。当日融資を受けたい希望の方は、三菱東京UFJ銀行か三井住友銀行の口座を持っている人に限ります。

 モビット会員のカードを持つメリットも、モビットカードを持たないスタイリッシュなキャッシングも、どちらでも選択が可能です。

新生銀行のレイクも融資限度額が500万円です。レイクの実質年率は4.4%から18%、ほぼモビットと同じ金利の設定です。
新生銀行レイクもモビットと同様に、どの銀行でも口座があればその口座に振り込む事が可能です。
新生銀行のレイクもモビットと同様、振込みキャッシングと提携ATMのキャッシングを選択できます。


モビットの月々の返済額は、最終借入後の残高帯に応じて変わります。借入後残高スライド元利定額返済方式となっています。追加返済をしたい場合は可能でし、返済日も自分の経済状態に合わせて選ぶ事が可能です。

レイクが顧客の立場に立ったキャッシングしてるとお勧めできる理由は、一括返済が可能な点です。
お金の余裕が出来た時点でサックリと返済してしまうことが可能だというのは、大変顧客にとって心理的メリットが大きいでしょう。

モビットもレイクも同様に銀行系のローンで、コンデションはほぼ同じと言う事ができます。レイクの電話サポートが24時間体制でスタンバイしている点が驚きですが、この電話サポートが会員以外の人々を対象にしているという点が商売を離れているなと感じる点です。

レイクのビジネスにハートが在るなと感じる点です。