古い温かい日本の人間関係を思い起させるレイクとアイフル

キャッシングに興味が有れば、キャッシングの事を理解する必要が有ります。
キャッシングを受けるにあたり、自分自身はどの必要条件を満たすのか否かと、自分のコンデションをテーブルに乗せてシビアにみましょう。

アイフルは消費者金融で、この一番素晴らしいポイントは返済の計算方法です。アイフルの
「借入後残高スライド元利定額リボルビング返済方式」は返済をするごとに元本が減り、それについての金利が下がる根洗いをして計算してくれる点です。
アイフルは消費者金融ですから、顧客サービスを重視して、顧客の満足を大切にしているポイントです。

アイフルのキャッシング融資額は1000円から最高限度額が300万円まで、4.5%~18.0%(実質年率)。申し込みはアイフルの限度額50万円以上、または他社を含めた借り入れ金額が100万円以上の場合は、公的機関からの源泉徴収票など収入を証明するものが必要(慎重審査)となります。

アイフルは総量規制を重視し、貸金法を守っていますから、貸付限度額は年収の3分の1までと決まっています。

 新生銀行レイクは消費者金融ではなく、銀行が行う個人融資ですから総量規制には触れません。レイクでの申し込みは新生銀行の独自の審査を行います。
レイク融資限度額は500万円まで、実質年率は4.5%から18%、70歳までの定収入のある方に融資をおこないます。

レイクは新生銀行のブランドの安心感が有ります。アイフルは庶民の生活を支え窓口での対面相談ができる点が特徴的です。

全ての顧客がインターネットやスマートフォンを活用してキャッシングができるのかといえば、そうとも限りません。
現代では顔を付き合わせる対人のビジネスは人件費を下げる為に、コストカットの対象に成っています。
面白いものですが、人間は全く人の顔を知らないでドライな関係に慣れ、全く自分と相手を繋げる事が無い所で満足感を抱くかと言うと疑問が残ります。
アイフルのビジネススタイルは顧客への窓口を常時開いて、日本全国で展開しています。
新生銀行はどの街に行っても存在する毎日ご厄介になる、日々の銀行です。

消費者金融のアイフルと新生銀行レイクは、消費者金融と銀行というイメージとしては真反対ですが、両者のビジネス理念が実に、人間臭く、古い温かい日本の人間関係を思い起こさせるような人情を感じてしまいます。
金融と人情は相反する言葉ですが、レイクとアイフルにはそれが輝いて存在します。